キャッシングの金利に関する嘘、本当

キャッシングの金利に関する嘘、本当

キャッシングにまつわる噂

キャッシングについてネット上を眺めていると、さまざまな噂を目にします。

むしろ、キャッシングというよりもクレジットカードにまつわる噂とした方が正しいかもしれません。なかには信ぴょう性のありそうな情報、まったく根拠のないウソ丸出しの情報など、噂は今日もまた誕生しています。

そこで今回はキャッシングにまつわる噂を集めてみました。もし、あなたがクレジットカードの利用を、信ぴょう性のない情報によって妨げられているのなら、ぜひ今から解説する情報をチェックしてみてください。抱えている悩みを解消する手助けになるかもしれません。

根拠のない情報や信憑性のある情報まで キャッシングに関する噂を紹介

高利息カードはヤミ金なのか?

テレビや映画などでヤミ金融をテーマにした作品が目立つ昨今。その影響は世間にも浸透しているようで、クレジットカードをはじめとしたさまざまな金融商品に悪いイメージを与えています。

しかし、作品と現実のギャップはあまりにもかけ離れており、間違った認識に左右される方が増えているのは事実。

ヤミ金といえば高利息で融資をおこない、利用者の返済を困難にさせて高額請求をする手口ですが、これがクレジットカードにもあるかというと答えはNOです。

なかには高い利息に設定しているカード会社をヤミ金と噂している方もいるようですが、それは誤解もいいところ。

金利の業界水準は18.0%ですが、それ以上になるカード会社はいくつか存在します。

そもそも、18.0%以上だからヤミ金というのは勝手な決めつけでしかありません。また、ヤミ金は主にクレジットカード以外の融資サービスを行っているため、いわゆる「街金」に該当します。

よって、国際ブランドが提携するクレジットカードなら、100%ヤミ金ではありません。

金利が18%と高いからすべてヤミ金ではありません。 高利息での融資から、利用者の返済を困難にさせて 高額請求をする手口がヤミ金なのです。

掲載されていた金利と違った!

納得いく金利だったのでキャッシングを利用してみたところ、掲載されていた数値と異なる借り入れになった・・・といったケースも珍しくありません。実はこれ、借り入れ金額によって変動しているだけ。

なかには固定金利でサービスを提供しているクレジットカードもありますが、ほとんどが借り入れ金額に応じて数値が変動するシステムを採用しています。

つまり、掲載されていた数値と違うケースなど自然なことと考えていいわけです。

規約などをよくチェックすれば、金額によって数値が変動する旨が書かれているはず。そのため、掲載されていた金利と違ったからといって、悪意あるカード会社と決め付けるのは非常に恥ずかしく無知な行為であることを理解しておきましょう。

結論をいうと、カードにまつわる噂のほとんどが勘違い、もしくは作品の影響です。

すべては規約どおりに提供されるので、それを把握・理解することが大切といえます。

関連記事

ページ上部へ戻る