キャッシングをすんなり返済する方法

キャッシングをすんなり返済する方法

目的をもって利用すること

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能はとても便利なサービスといえますが、ついつい利用しすぎてしまうため、利用残高が増えるばかりで減らない・・・といったケースも珍しくはありません。

キャッシング機能はいつでもどこでも利用できるサービスなので、お金に困ったときにすぐ頼ることが可能。これが原因で後先を考えずに借り入れを繰り返す方が多いようです。

毎月きっちりと返すことができれば問題ありませんが、それが困難になってその分をキャッシングで借り入れするといった負のスパイラルに陥る方も・・・。

クレジットカードを安全かつ賢く利用するためには、目的をもって利用することが大切です。

ただ借り入れをするのではなく、何のためにどれだけのお金が必要なのか?そして、借りたお金を無理なく返すことはできるか?これらを検討してから利用しましょう。

プランを立てずに融資を受けると、失敗するケースがほとんど。だからこそ、借りる前にきっちり返済できるかどうかシュミレーションすることが大切になります。

キャッシングは手軽で便利ですが、後先を考えずに借り入れを繰り返してしまうと大変な事態に陥ります。

無理なく返済するためのポイント

クレジットカードによって返済方式は異なりますが、そのほとんどがリボ払い。リボ払いは毎月固定された金額を返していく方式なので、その金額を無理のない設定にすれば、スムーズな返済が可能になります。

翌月に一括で返済できるならそれに越したことはありませんが、それが困難な場合は安全にお金を返せるリボ払いを指定しましょう。ただし、リボ払いを設けていないクレジットカードもあるので、キャッシング頻度が多い方は要注意。

必ずあなたが無理なくお金を返せる金額設定になったカードを選ぶように心がけ、借り入れには十分に注意するようにしましょう。

 

金利も意識して利用する

キャッシングの金利は各カード会社によって異なります。

業界水準は18.0%となっているので、これを目安にできるだけ安い金利で借り入れができるクレジットカードを検討しましょう。おすすめは銀行が発行しているクレジットカード。

銀行系の特徴は低金利かつ利用限度額が高く、さまざまなニーズに応えてくれるメリットをもっていること。そのため、一般的なクレジットカードを利用するよりも、便利かつお得に利用することが可能です。

ただし、銀行系は審査が厳しくなるので、一定以上のステータスを持った方でないと契約することができません。銀行系のクレジットカードの契約が困難な場合は、その他カードで低金利を目安にじっくり比較することをおすすめします。

キャッシング金利の業界水準は18%ですが、 銀行系のカードは比較的低金利なところが多いので 便利かつお得な利用が可能です。

関連記事

ページ上部へ戻る