キャッシングの審査の真実

キャッシングの審査の真実

審査にまつわる噂

クレジットカードの便利な付帯機能であるキャッシング。困ったときにすぐ利用できて、迅速に借り入れができることから、キャッシング目当てでクレジットカードを契約する人は少なくありません。しかし、その審査にまつわる噂は相変わらず多いようです・・・。

そこで今回はキャッシングの審査にまつわる噂を集めてみました。噂が本当かウソなのか?これについて徹底解剖していくので、キャッシング利用に不安を抱えている方はぜひチェックしてみてください。

ブラックリストは存在する?

これはクレジットカード業界だけに限った話ではありませんが、利用にあたって悪意ある行為をした場合、ブラックリストに掲載される可能性があります。

なかにはブラックリストなど存在しないという意見もありますが、残念ながら存在することを把握しておきましょう。

冷静になって考えてみればわかるのですが、キャッシングサービスは信頼が成り立ってこそ実現できるもの。つまり、利用者が契約不履行した場合、融資をする側としては貸出するリスクを背負わなくてはなりません。言うまでもなく、キャッシングは貸出と返済が両立したサービスのため、何か一点でもかけてしまうと不成立に。

たとえば、遅延を繰り返す行為をはじめ、多重債務者であるにも関わらず新規で利用しようすると行為はブラックリスト行きと言っても過言ではありません。また、利用者が過去に金融事故を起こしている場合も同様。要するに利用者が信頼に値する人物かどうかをジャッジする材料がブラックリストでもあるのです。

多重債務者や遅延を繰り返す行為などが目立つと ブラックリストに載ってしまいます。 そうなるとカードが利用できなくなることも・・・

一体どこまでチェックされるのか?

クレジットカードやキャッシングにおける審査内容は誰もが知りたい情報のひとつ。とくにどこまでチェックされるのか気になるところです。

主にチェックされる内容をまとめると、あなたのステータス(職業・年収・継続年数など)、信用情報(金融事故などはないか)、属性(性格など)の3種類。

カード会社によってチェックレベルは異なりますが、スペックが高いクレジットカードほど細かくチェックされる傾向にあります。

基本的にカード会社が指定する条件をクリアしている方ならパスできるでしょう。しかし、条件に満たない場合やチェック項目で不審な点があった場合は審査落ちする可能性が高くなります。

また、カード会社によってコンピューター(プログラム)がチェックするところ、スタッフ(人間)がチェックするところがあるため、その基準には大きな違いが。よって契約しやすいカードとそうでないカードが存在するわけです。

ステータスに自信がある方は希望するクレジットカードを。そうでない方はチェックが甘いクレジットカードを選定したほうがいいでしょう。

金融会社のコンピュータにより 職業・年収などの基本情報や過去の金融事故の有無などは すべて丸裸にされてるといってもよいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る