あなたがキャッシングできない理由

あなたがキャッシングできない理由

キャッシングできないとお困りの方に

クレジットカードはごく普通に契約をすると、はじめから付帯する機能のすべてを利用することが可能。もちろん、キャッシングもその機能のなかのひとつです。

なかにはキャッシング目当てでクレジットカードを契約する方もいますが、いざカードが発行され利用してみると肝心のキャッシングが使えない・・・なんてケースも。

また、新規契約ではなく長きにわたってクレジットカードを利用している方でも、キャッシングが使えないといった声をたまに目にします。

はたして、これらにはどういった意味があるのでしょうか。今回はキャッシングが使えないと困っている方を対象に、その原因と改善策についてくわしく解説していきます。

キャッシング目当てで契約しても 肝心のキャッシング機能が使えないといった事態も その理由ははたしてなんなのでしょうか?

そもそもキャッシング機能を追加していない

ほとんどのクレジットカードはキャッシング機能を標準搭載しています。

そのため、手続きの際にも同機能を付帯するかどうかを問われないケースが。多くの申込者もクレジットカードを作成すれば、自ずと同機能は利用できるものと思っているはずです。

しかし、これには落とし穴が・・・。初心者向けに発行されているカードをはじめ、利用できる機能が限定されているカードにおいては、同機能を任意で付帯させるケースが見られます。

つまり、その手続きを見落としていると、一向に同機能を利用することが不可能。

もし、現時点で利用できない状態にあるなら、カード会社に問い合わせて機能を追加する手続きを行いましょう。ただし、同機能を追加するには再審査が必要になることもあるので、一定以上の信用情報を持つ方が対象となります。

また、あまりにもステータスが低い方は同機能を付帯させることが困難になることもあるのでご注意を。

初心者向けのクレジットカードの場合 利用できる機能が限定されている場合も・・・ その際は任意でキャッシング機能を付帯させる必要も

利用限度額をオーバーしている

もうひとつ、キャッシングできない理由で有力なのは、単純に利用限度額をオーバーしているケース。知らない間に同機能を多用していまい、結果として利用限度額を超えている可能性があります。

その場合、コツコツと返済していき利用限度額に余裕を作る以外方法はありません。

また、ショッピング枠を利用しすぎたために、同機能における利用限度額が犠牲になった可能性も。気になった方は専用ページにアクセスして、利用限度額をチェックしましょう。そこであなたが現在利用できる限度額を把握することができます。

それでも利用できない原因が見当たらない場合は、カスタマーセンターなどに問合せを行い、オペレーターの指示に従ってください。利用限度額オーバーはよくあるケースなので、まずはチェックしてみることをおすすめします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る