ビュー・スイカ(Suica)カードの口コミとメリット

ビュー・スイカ(Suica)カードの 口コミとメリット

Suicaにクレジット機能が付帯したモダン型

同カードはSuica定期券とクレジットカードがひとつになった、利便性の高さが光るカード。紛失補償に加え、オートチャージ機能など、便利なSuicaにクレジット機能が付帯したモダン型のクレジットカードといえます。

また、定期券購入でポイントが3倍になるなど、嬉しい特典も充実。Suicaユーザーにおすすめのクレジットカードといえるでしょう。

それでは同カードのスペックを紹介します。

年会費: 515円
利用度限度額: 最高40万円
ポイント還元率: 最高1.92%
発行期間: 最短で1週間ほど (※ オンライン入会の場合)
付帯保険: 海外旅行、国内旅行のみ
審査条件: 満18歳以上で電話連絡ができる方
(※ 高校生をのぞく)
VIEUカード

手頃な年会費となっているので入会しやすく、カードを維持することがカンタン。やはり同カードはSuicaを普段から愛用している方に最適だと思います。

クレジット機能をつけたいと感じている方は同カードに切り替えるといいでしょう。

 

このカードの口コミ

同カードの口コミでは、「普段から利用しているSuicaがクレジットカードになった感覚。キャッシングもできて便利。」という声や、「数万円ほどお金が必要なときにキャッシングできるのはありがたい。」などの意見が聞かれました。

同カードはキャッシングよりも、Suicaをもっと快適かつ便利に利用したいという方に最適。Suica自体も電子マネーとして利用できるため、十分に利便性の高いカードといえますが、さらにクレジット機能がプラスされることで、メリットが広がると思います。

一方で「機能的には同じくクレジットカードのビックスイカの方が上。」という声も。両者を比較してみると、確かにスペック的にはビックスイカカードに軍配が。しかし、あくまでSuicaにクレジット機能を付帯させることを条件にするなら、ビュー・スイカの方が利用しやすいといった印象です。

口コミ

 

オートチャージ機能が搭載されている

同カードのメリットは大きく分けると以下のとおり。

1: Suicaとクレジットカードが合体
同カードはSuicaにクレジット機能が付帯します。

つまり、Suicaとして利用できるだけでなく、クレジットカードとしても利用できるので1枚2役に。そのため、Suicaユーザーには最適なカードといえるでしょう。

2: オートチャージ機能が搭載されている
同カードにはオートチャージ機能が搭載されているので、Suicaの残高を気にすることなく乗車することが可能。チャージが面倒でSuicaを控えていた方にもおすすめです。

3:利用限度額は最高40万円
同カードの利用限度額は40万円まで。このようにまとまった金額を必要とするキャッシングはできませんが、困ったときに少額の借り入れをするといったケースには最適です。

また、限度額が低いことから、計画的にキャッシングを利用できると思います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る